部屋の中(額の中の地図)


本日の画像はタイトル通り、部屋の中です。
といっても、たんなる額ですが、中身はお気に入りの古いニューヨークの地図を入れてます。
古いといっても10年もたってませんが・・・。

同じ地図でも色合いが日本の物と違うので、ちょっとしたアートのような感じでいれてます。じっくり見るとニューヨークのあの飛行機事故の前の地図なので、眺めてると少し感慨深くなったりもします。

よく思うのですが、例えば原宿だったり渋谷だったり、地域ごとのおおまかな地図(いわゆるショッピングマップ)だとあるんですが、こういったもっと地図会社と連携した、ちゃんとした縮尺のもの(あくまで地図として使用できるレベルと言う意味。)でいろんなイラストレーターの方が書いた地図があると絶対売れると思うのですが。

人によって見やすい色や文字があるように、地図会社が考える見易さも理解できるのですが、好きなイラストレーターが書いたものだと、また違った雰囲気で街を見ることができると思うんです。

もっと楽しめる・・例えば気兼ねなく地図上に書き込める物とか、いろんなタイプの物があったら楽しいと思うんですよ。で、売り出すのは毎年カレンダーと同じ時期で、新しいカレンダーと同じように地図もはりかえて、今年はこの辺のエリアのケーキ屋を散策してみようかな、とか、この辺の路地の写真をすこしづつ撮ってみようかな、とか。

たぶん地図ってもっと楽しめますよね。

http://www.doutoku.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です