ショルダーバッグ

先日から、ウェスタンバッグのプレゼント企画をしていますが、おかげさまで数日の間にとても、たくさんの応募をいただいています。感謝です。

応募をしていただいている方々の、ほとんどの方が、コメントを書き入れていただいているのですが、商品に対する要望など、とても参考になります。

その中でも、ショルダーバッグの要望が多く、これは以前からも、作らないといけないなあって思っていたのですが、やはり、スケジュールを繰り上げてでも作らないといけませんね。
DDWのバッグって、どちらかというと、コンサバな可愛らしさのイメージで作っているものが、多いのですが、ショルダーだと、もう少しカジュアルで使い勝手の良さを前面に出してみたほうがいいかな、と、思っています。

現在、いくつかの新商品企画が進行中です。
クリスマスまでは、エレガント路線の商品、クリスマス明けからは、イギリスからの直輸入素材を使用した、シンプルだけど、無茶苦茶、ていねいに作りこんだトートシリーズなど、これからも、色々楽しんでいただける、商品がでてきますので、ぜひ期待してて下さいね。

上海のマクドナルド

先日まで、仕事で上海に行ってきました。
色々、面白い体験をしてきたのですが、今回はマクドナルドのお話です。

何気なくはいったマクドナルドで、

「んっ? あれ、ステッチはいってたっけ?」

と、いうのは、今日の画像の店員さんってジーパンを履いてますよね、そのフロントのコインポケットの部分と、後のポケットにマクドナルドのMマークが、しっかりステッチではいっています。
(画像ではほとんど見えません、ごめんなさい。)

普段、日本でマックに行っても見た覚えがないんですが、ただ興味がなかったから見落としたのか、それとも、こっちだけなんだろうか?と、どうでもいいことなんですが、とても気になってます。
いったい、どっちなんでしょう?
近いうちに気になるから確認しに行こうと思ってます。

ちなみに上海ではハンバーガーセットが日本円で350円くらいなので、確かに日本に比べると安いかもしれませんが、極端に安いというわけではないですよね。とはいえ現地の人は、お昼代が100円や200円で食べているようですので、マックとは言え、ある意味高い食事代のようです。

上海まで行ってマックの話だけ?・・・いえいえ・・・国際電話がつながらなくて、あせったトラブルなど色々ありますが、それは後日ということで。

クリスマスまでに・・・。


11月も半ばを過ぎて、いよいよクリスマスが近付いてきましたね。

去年もブログに書きましたが、年間のイベントの中でクリスマスが一番好きなので、既に1ヶ月前から、我が家でのBGMにはクリスマスの曲が常にかかっています。

もちろんクリスマス用のCDは、我が家に山のように(言い過ぎ?)あります。
レゲエから邦楽、ディズニーものから、クラシックなどなど。
いつもその時の気分で、CDを選んで聞いてますが、結局いつも選ぶのは、Jackson 5。

マイケルジャクソンが幼い頃の、グループですね。クリスマスには、まず耳にするメジャー中のメジャーだと思います。その中の一曲、GIVE LOVE ON CHRISTMAS DAY は私のクリスマスの定番曲です。

ちなみに本日の画像、「これはクリスマスじゃなくって、ハロウィンだろ!」
って、つっこまれそうですが、小さい頃はクリスマスとハロウィンは同じものだと思ってました。だって、なんか雰囲気が似てません?

市場調査にはズームが必要?


前回はスナップ写真の話をしましたが、今回はその続きで、普段スナップを撮るのも要はバッグデザインなどの参考にするわけです。なので、もちろんショーウィンドウなどはバシバシ撮ってます。できれば店内で撮りたいのですが、なかなかその勇気がありません、携帯なら撮りやすいですが、ピロ~ン!って訳のわからないシャッター音がするし。

そんな度胸のない自分としては、カメラのズーム(望遠)レンズというのは、とっても役にたつわけです。だってズームの倍率が高いデジカメだと、店から少し離れたところからなら、店内の商品まで大きく撮れちゃうんですよね。ただしそんな倍率の高いデジカメだと、それなりにボディサイズが大きくなるので(特に一眼タイプなど)持ってると、ちょっと、ひけ目を感じる。

ちなみに本日の写真はショーウィンドウの中のバッグが気になって撮ったのですが、車で移動中だったので、そばによれず、ついでに望遠でないカメラで撮ったもの・・・・。

見えます?・・・バッグ。

街角スナップ


いつもデジカメは持ち歩いてます。できれば一眼デジカメを持っていたいのですが、やっぱ重いですもんね。普段はどうしても小型タイプのものになってしまいます。

携帯は?って?
う~ん、最近画質が良くなったとは言え、もう一歩苦しいですね、確かに撮影の環境がよければ、それなりの写真が撮れるんですが、暗めのところや、ピントの合いにくいところ、動いている被写体には、まだまだの様な気がします。

例えば今日の写真、これはデジカメでの撮影。500万画素、手ぶれ補正付きの割と最近の機種ですが、感度をあげてシャッタースピードをかせがないと、被写体はどうしてもぶれてしまいます。スナップとしては面白いのですが、普段持ち歩いている理由は、やっぱりバッグのデザインの参考にしたい為なので、しっかり撮るにはコンパクトデジカメでもなかなか難しいですね。

それはそれでデジカメの進化を楽しんでいます。

伝統文様

久しぶりに図書館に資料探しに行ってきました。
ホントなら、割と最近のファッション史みたいなのがないかなと行ってみたのですが、思ったようなものは見つからず、1時間、2時間と色んな分類で探しながらうろうろと・・・。

結局お目当ては見つからなかったので、せっかく着たんだからと、デザインの資料になりそうな本を数点借りてきました。

帰ってじっくり読んでると、使えそうだったのが、この伝統文様の装飾デザインの本。
普段デザインの中の曲線を考えるとき、もう少しカーブを大きくとか感覚だけに頼って考えてしまうんですが、この本の中には、文様そのものに意味があったり、デザインや線の書き方に法則があったりと、デザイン線を考える上でとても参考になるんですよ。

それが生かされるかは、自分次第ですけど。

11月に入り

11月に入り、暮れが迫るほど、やる事が増えています。
先の見えない仕事ほど、判断力も鈍るというものです。こんなときはどうしても現在(最初)の判断が大切だと思い、考えすぎて更に泥沼に・・・。

とりあえず一つずつ処理していくしかないんですが、日々の目標は毎日すこしづつでも改善(変化)することです。

と、本日はなぜか自分に言い聞かせてます。