業界スタンダード


出張などで、なかなかパソコンの前に座れませんでしたが、今日から数日は、集中して作業できそうです。

今日のタイトルの業界スタンダード。
どんな業界でもいろんな意味で基準があると思います。とくに大きな企業になるほど、いろんな事にしばられて、標準よりになっていくんでしょう。

バッグ業界って中小企業ばかりなんですよね、というか、ほとんど小企業?
有名でも小企業どころか、一店舗だけでやっているところも、いっぱいあります。

例えばバッグ作りのスタンダードって・・・?

これが不思議なくらい、工場や会社によって、方法が違います。どの会社も創業時から、少しずつ改良を重ねて、現在の作り方になったんだろうなあって感じです。アパレルの場合でも、もちろん会社ごとに全然違うわけですが、専門学校も多いので、文化式やドレメ式など、根っこの部分にはそういった標準が存在したりします。

でもバッグ業界にはそれを感じません、ほとんど学校が存在しなかったこともあるでしょうけど、町の鞄オーダー屋さんが、各々のやり方で伸びてきたイメージでしょうか。

なので作りを見てみると、面白いです。デザイン的にはほとんど同じなのに、見えない部分の材料から作り方まで、見事に違うんですよ。どっちの方法がいいかなんて、決められないことがほとんどでしょう。

それでも価格は、売れ筋の価格などもありますから、ある意味標準が存在しますよね。
たまに思うことありません? 同じ国内生産で、同じ位の価格なのに、A社とB社で、あまりにも作りに差があるなって・・。
利益率など細かい話もありますが、やっぱりメーカー毎の作りに対する、基準が違うんでしょうね。

たまに、そんな目でバッグ屋さんをのぞくと、普段と違ったバッグに、めぐり合えるかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です