本日の一枚


”本日の一枚”は脚立。

愛用?の脚立は常に部屋に出しっぱなし、とにかく使う。
撮影の時は、椅子にしたり、パソコン台にしたり、
普段も気分転換にちょっと高めの椅子として使う・・・机に広げたデザインとか高い目線で見ると、また違った視線で冷静に見えたりする。

脚立って軽い割に、倒れにくく出来てるから、思いのほか重宝するんです。
こうなると他のデザインの脚立も気になってくる、世界には、なんかかっこいいデザインのありそう。

ゴールデンウィーク初日に、脚立の話してる自分がさびしい・・・。

悩みどころ

以前からサーバー移転の件を考えています。
ほとんど段取りも終わっているんですが、もう一つ踏み切れないところが。
サイトの作成や管理に専任の担当者がいれば、問題ないのですが、なかなかそうもいきません。とにかく更なる使いやすいサイトを目指します。

ところで、私はDDWサイト以外に趣味のブログサイトももってるんですが、今日ふっと思いついて、更にもう一つサイトを作ろうかなと・・・。
「おい!できるのか?」という声が聞こえてきそうですが、直接仕事に結びつかなくても、データ管理のような使い方で、自分の欲しい情報をまとめるのと、同じような仕事をしている方に少しでも情報提供できるようなサイトを考えています。

実は今日、思いついて1時間後には、仮作成してしまいました。まだちゃんとしたサイトの方向性を決めていないので、もう少し作りこんでから、DDWサイトとリンクさせるか等考えようと思っています。

ほんとインターネットって便利ですね、サイト一つでも色んな方向で使えるし、思い立ったらすぐ行動に移せるのも、大きなメリットですよね。

ハンドメイドの違い


「ハンドメイド」という言葉は、工場で熟練の職人さんが縫っても、おうちでお母さんが趣味で縫っても使われます。

以前、両者の差について聞かれたことがあります。
例えばシンプルなバッグで、お店で売ってるものと、自分で作ったバッグでデザインがそっくりなのに、仕上がった雰囲気が全然違う・・・どうして?・・・と。

こう感じる方は、ある程度以上、自分でも作りこまれてる人じゃないでしょうか、何度も作ってるからこそ更に良いものを作りたい、実力は上がってるはずだし、作り方だって市販のバッグを見習って勉強してる・・・でもやっぱり違う。

たぶん答えはいっぱいあります。縫製、芯材、素材、仕上げ、etc・・・、全てをクリアするのは難しいでしょう、やっぱりプロ職人さんの見えないノウハウもいっぱいありますから。

でもある程度までなら、解決策はあります。
そんな話の中からミシン目についての話を抜粋します。
今回の場合、よく聞いてると刺繍もできるコンピューターミシンを使ってました(聞くと30万以上するミシンみたいですね)。そこに問題の一つがあるようです。

市販のバッグは、その縫製箇所ごとに専用のミシンを使います。細かい説明は省きますが、要は仕上がりがきれいになります。では一般のミシンではどうでしょうか?この場合あえて色々な物が縫える分、仕上がりがいまいちです。

例えばミシン目。
ジグザグが縫えるコンピューターミシンなどは、針が上下だけでなく左右にも動きます、その為、薄物を縫ってるときはあまり気づきませんが、厚物の直線ステッチなどを良く見ると、ミシン目が微妙に左右に動いてしまい、真直ぐにならないんです。これって微妙ですがとても大切な事です。

彼女には直線縫いのみのミシンを紹介しておきました、家庭でも使えるポータブルの直線縫いミシンがいくつか販売されていますし、実売ではどれも10万円以内です、コンピューターミシンよりだいぶ安いですね、かなり特殊なものでなければ充分な性能を持っています。実際このレベルの職業用ミシンであれば、かなり市販バッグに近づけると思います。

もちろんコンピューターミシンの方がボタンホールや刺繍など出来るため、お子さんの服など、コンピューターミシンの方が良い場合もたくさんあります。今回の場合あくまでもバッグに限定して、もっと本格的に作りたいと思った人へのアドバイスです。

たぶん直線縫いミシンの後は、更に次のステップについて聞かれると思います。
大体、想像つくんですよね、だってよく聞かれるんですよ。

新サーバー2


新サーバーを検討しだして、簡易的にそのサーバーでサイトを作ってみる。
やっぱり一長一短。いい面も悪い面も、どちらもある。

サイトをリニューアルする理由は、以前よりサイトに求める優先順位が変わってきたのが一つ、以前はとにかくDDWのサイトに興味を持ってもらうことを優先していたので、当然トップページに画像や色などインパクトのあるものにする必要があった、今では来店のお客様も増え何度も着ていただく方も多い。そうなるともっと情報を増やし、かつ更新頻度を上げる必要があると思う。

最近、新サーバーの件もあり、サイト更新が遅くなっています、実は新商品の撮影も終わって後はサイト作成だけなのです。そろそろサーバーをどちらにするか決めないと・・・。