デザインの過程

新しい商品が出来るときって、何がスタート(きっかけ)になるのか、いまだはっきりしない。

素材を見て、
“この素材を使ってこうしたい!”・・・・・だとか、

何かの形にインスピレーションを受けて、
“こんなカーブで形作ってみたらどうだろう。”・・・・・とか、

ある使用状況に使うバッグの場合
“こんな機能があったら”・・・・・

と、そのスタートは様々。

常に考え続けるのが仕事だから、スタート(きっかけ)だって、いっぱいあるもの勝ちだと思う。

僕の場合、デザインを意識しているときは、なかなか前に進んでいないとき。
だから“デザイン”っていう言葉自体にも違和感を感じる時がある。
逆にそんな言葉を意識しないで作業に没頭できるときは、とても充実してる時なんですね。

ただ、僕のそんな時のデザインって、独りよがりになりすぎてる場合があるので、そんな時は相方の意見がとても重要になってくる。
僕が、そのデザインの過程でどれだけ紆余曲折の作業をしてきたとしても、初めて見た人にとっては関係ないこと。途中経過を見てない分、自由な発想で意見がもらえる。

最近は、その意見が楽しみだったりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です