よし復活・・・かな?

数日前から突然鼻の奥がヒリヒリしてきて、その次はのどの奥。
熱はあまり無さそうだから、気にせず仕事・・・。

そのうち、「このくらい、大丈夫」の声が、「このくらひ、はいひょうふ」に
なってきた頃には、なぜか涙まででてくる始末、
花粉症も一緒に発症か?

さあ今回は、薬でむりやり押さえ込むか、短時間ぐっすり睡眠で体力を
戻すか・・・。この時点での判断が後々ひびくんですよね。
(さっさと病院へ行けという話しもありますが。)

結局、栄養ドリンクを飲んで、短時間ぐっすり睡眠開始。

z・・・・

z・・・・

完治しました。
僕の体はわりと単純のようです。(笑)

ただ、普段より寝てしまうと、こんどは持病の腰痛が。
僕の体は単純な上に、ひ弱のようです。(泣)

Arcoroc(アルコロック)

先日入ったレストランで、気になるウォーターグラスを見つけた。
パッと見はデュラレックス・・・・・・の足付き。

ワイングラスの様に華奢じゃないし、持ったときに下から支える様に持てるから、
少し重めのグラスでもとっても安心して持てる。
いったいどこの?

デザインはデュラレックスっぽいけど、この手のデザインは、たぶんいっぱいある
んだろうし、足付きのグラス自体あんまり見ることないしなあ。

そこで調べて見たらたぶんこれ。

アルコロックのロマン・ステムグラス。
デュラと同じフランス製。 ね、デュラレックスっぽいでしょ。

マリン好きのDDWとしては、DURALEX(デュラレックス)の定番品のPICARDIE(
ピカルディ)のクリアか淡いブルーのマリン辺りをを選ぶところだけど、この使い
勝手は捨てがたい。& 安い。

このメーカー、Arcoroc(アルコロック)と言って、ヨーロッパのカフェやレストランで
最も多くの支持を受けてるらしい。日本にもかなりの量が入ってるみたいだけど、
やっぱりデュラレックスが有名すぎるのか、はたまた自分の知識がないだけか・・・。

きっとこの手のグラスを全てデュラっぽいっと、勝手に決め付けちゃってて別のメ
ーカーを気にして無かったんだろうなあ。もしかして、既に使ってるかも。

しかし、こんなにゴツイのにワイングラスらしい。
自分的には水を飲む通常のグラスに使いたいけど。
これって白ワインサイズと赤ワインサイズがあって、白ワインサイズが直径71×
高さ103、赤ワインサイズが直径80×高さ117って、この微妙な違い、どっちを選
んだらいいんだろ。

そうかアフタヌーンティーに置いてるのか、
よし。見に行こ。

 

追伸
うちのグラスひっくり返して見たら、イタリー製だった。
えっ? フランス製じゃなかったの?
でも、なんか調べるの楽しいかも。

次の楽しみ

最近、ホントに入浴剤の種類って増えましたよね。
以前だったら、温泉の素みたいなのか、海外のおしゃれな入浴剤
って感じのばかりでしたけど、最近は、ある意味「イロモノ?」・・・
船の色を黒くする物とか、お湯の中で発泡するものとか、とにかく、
いろんな種類が出てきてます。

なので売り場を見るのが楽しみなんです、「エッ!」というのが見つ
かりますから。

と、変わった商品を楽しみつつも、割とコンサバな自分、今回はこれ。

以前、最近のお気に入りのクナイプの話をしましたけど、新商品の
ローズマリーが出てたので試しに買ってみました。それと死海の
深層水から作られた天然の塩。
お風呂に本を持ち込んで長風呂する自分にとっては、とっても有意
義なバスタイムが過ごせそうです。

しかし、なんて小さい幸せ(涙)。