こそこそ考え中

ホントに細かい部分を気にする方です。

企業デザイナーじゃないので、より商品に自分の感覚を入れられる。
それがどんな所かは言葉にするのは難しいけど。

こだわり?
性格?
楽しみ?

たぶん全部です。

例えばシンプルデザインと一言で言っても、手触り、張り感、塊り感、
ボリューム感・・・
見たいにサイズや重量以外に数値で表せない部分って、限りなくあ
るんですよね。
そんなところを大切にしたいと思ってるんですが、これって大手の様に、
分業だと難しいんです。

たとえばボリューム感。
薄手の素材のままバッグにしてしまうと、安っぽい物になってしまう。
そこで、ボリュームを出すために、何種類もの綿や、スポンジ、シート
状のゴム等を試してみる。

この作業は単に膨らみだけでなく、ステッチの糸の食い込み具合にも
影響がでる。

解り易いのが革。
革のステッチって何となく見ちゃうでしょ、糸の締まり具合やミシン目が
かっこ良さを左右しちゃってるし、そのことで商品レベルが天地のように
違う。

これは、もちろん布にも言える事。

デニムメーカーとかだと、ステッチに拘りのあるところは多いけど、一般の
アパレルで、そんなところに拘ってるところは、余り無いんじゃないかな。

そんな微妙なところって、サンプル過程で何度も自分で触ってないと、
なかなか気づかないです。

時間はかかるし、資材のバリエーションは増えるし、と、百害あって一理
なしなんて思ってるところが多いだろう。
そりゃ、型数の多い企業はやってられないと思う。

でも、やっぱり性格なのかなあ。

そういえば、さっき
2杯目のアイスコーヒーを作ろうと、
冷蔵庫を開けると、

牛乳の代わりに、インスタントコーヒーのビンが・・・

はっと、振り向くと牛乳は出しっぱなし。

春だからという事で。

ハワイアン雑貨・フラ用品SHOP

先日の3月18日、地元のお客様のお店が開店したので、
お祝いに行って来ました。

店名はLanai(ラナイ)さん。
フラ用品をはじめ、インテリア・アパレル用品迄、多彩に揃えた、
ハワイアン雑貨の専門店です。

こちらのお店、商品のみでなく、フラ(ダンス)などに興味がある方は、
一度行ってみられてはいかがですか。
きっと色々教えてもらえると思いますよ。

ところで今回はDDWの定番バッグ、デリバッグのシリーズをLanai別注
デザインで納品してきました。

このバッグはDDWの定番バッグをベースに、Lanaiさんがハワイから買
い付けてきた、ハワイアンファブリックを使用して限定で生産したものです。
なのでDDWサイトでも手に入りません。

ぜひ、Lanaiさんで、お手にとってご覧下さい。

場所は岡山市表町2丁目オランダ通りのレピシエカフェの隣です。
岡山の方はぜひ一度どうぞ。

G7用カメラケース(ショルダー)

僕の好きなカメラにキャノンのG7というカメラがあります。

他にもリコーのGRD、パナソニックのLX2・・・
って、解りませんよね?

コンパクトタイプだけど、写りの良さを優先させたデジカメ達です。
なので他のコンパクトデジカメより、少々、値段が高めだったりします。

この上記のカメラ達は、より綺麗に撮ることに重点をおいている為、
他のデジカメに比べると、少々大きめだったり、レンズ部分が出てい
たりと、その形(コンパクトさ等)に多少の影響がでてきます。

その為、これらのカメラをいれるケースは純正品以外だと、機能性を
重視する傾向のある男性用でさえ、あまりこれ、というのがないのが、
現状。

なので女性用ともなると・・・・・

個人的には、こういったカメラを使っている人たちは、その景色を写真
として切り取りたいだけでなく、写真を撮るその時間も楽しみたい方々
だと思います。

今回の懸賞企画のカメラショルダーは、実はこんなタイプのデジカメ
ケースを想定していました。

そこで考えたのが、今回の懸賞用バッグ。

すみません。はっきりいって、自分達の趣味で作りました。
もともとは、キャノンのG7を購入しようと思い、純正のケースに目をつ
けていたのですが、少し気になるところが。

それは、
胸からぶら下げるタイプのケースなんですが、このタイプ、何気なくか
がんだ時に目の前の物にカメラをぶつけたり。
(そういう時に限ってレンズをだしてたりするんですよね。いままでに
何度か経験したものですから。)

あと、どうしても歩くリズムで、胸にトン・トンとあたる為、のんびり散歩
する時って、そんな些細な事が気になったりするんです。

とはいえ、やっぱり純正タイプ(速射ケースとも言われてます)も大好き
なんですよね。

そんなこんなで、いろいろ考えた結果、女性だと散歩とはいえ小銭入れ
くらい入る、もう少しだけの容量が決め手になるかな、と、今回のサイズ
・仕様になりました。

まあ要は、自分達の使い方を反映しただけともいえます(笑)。

ところが、今回の懸賞企画をはじめて数日。
びっくりするほどの反応です。

「普段は応募しないけど、今回のは絶対欲しい!」
「G7に合いそう」
「これが出るなら、デジカメ買う。」
「これなら、おしゃれに持てそう。」
「これこそ待っていたカメラバッグです!」
「売って下さい!!」

等々、一言もカメラの機種を口にしてないにも関わらず、
たくさんの関心を集めているみたいです。

思った以上にマニアな女性もいらっしゃるようで。(笑)

僕と同じように撮影散歩を感じている方が、思いのほか多くて、
ちょっと嬉しがっております。

懸賞企画はこちらから
http://doutoku.com/hpgen/HPB/entries/34.html
Canon デジタルカメラ PowerShot G7 PSG7

ちょい山

2~3時間の、空き時間、
近くの公園でボ~っとするつもりが、何故かちょい山登り。
最近、体を動かしてないので、疲れたら引き返せばいいや、とピクニックコースのようなところへ入ってみる。

2月というのに暖かいから、すぐ汗がにじんできた。
その分、その暖かさが幸いして、木々もわりと緑なんだよね。
こんな感じでした。

まず10分歩いたところで、もう休憩。
普段使わない筋肉は、ヤワですね。
一休憩をとった後は、小さな展望台まで、更にもう10分。

汗は出るけど途中から不思議に疲れなかったんですよ。
空気のせいか、気分のせいか、
たまにはいいですね。

ブーツ


本のブーツ特集とかあると、すぐ買っちゃうんですよね。
手持ちの靴も、ブーツばっかり。

普段からスーツの時でも普段着でも靴はほとんどブーツを履いてます。
スタイルが好きというより、もうほとんどライフスタイル。

使用頻度の一番多いのは、レッドウィングのペコスブーツ、これは10年
以上履いてるでしょうか。そりゃもう汚いです。
スウェードの表面はメンテナンスしてても、どんどん黒ずんでいくけど、
その汚さも気にいってます。

ブーツ選びの、第一条件はバイクに乗った時の事を考えます、だから
革の薄い物は僕的にはありえません。

以前、麻布の仕事場へバイクで向かっている途中、左折車に巻き込ま
れ、自分のバイクと車に右足を挟まれたことがあります。
幸い、ほとんど怪我も無く、病院で簡単な検診をしてもらった時、
あれっ! と気づいたのが、足の内側にバイクのボルトの痕が・・・。

かなり分厚いブーツを履いていたので、その位で済んだみたいですけ
ど、普通の靴だったらと思うとゾッとします。

そんな事もあり、とにかくブーツに対して安心感があるんです。
たぶんこれからも、履き続けます。