こそこそ考え中

ホントに細かい部分を気にする方です。

企業デザイナーじゃないので、より商品に自分の感覚を入れられる。
それがどんな所かは言葉にするのは難しいけど。

こだわり?
性格?
楽しみ?

たぶん全部です。

例えばシンプルデザインと一言で言っても、手触り、張り感、塊り感、
ボリューム感・・・
見たいにサイズや重量以外に数値で表せない部分って、限りなくあ
るんですよね。
そんなところを大切にしたいと思ってるんですが、これって大手の様に、
分業だと難しいんです。

たとえばボリューム感。
薄手の素材のままバッグにしてしまうと、安っぽい物になってしまう。
そこで、ボリュームを出すために、何種類もの綿や、スポンジ、シート
状のゴム等を試してみる。

この作業は単に膨らみだけでなく、ステッチの糸の食い込み具合にも
影響がでる。

解り易いのが革。
革のステッチって何となく見ちゃうでしょ、糸の締まり具合やミシン目が
かっこ良さを左右しちゃってるし、そのことで商品レベルが天地のように
違う。

これは、もちろん布にも言える事。

デニムメーカーとかだと、ステッチに拘りのあるところは多いけど、一般の
アパレルで、そんなところに拘ってるところは、余り無いんじゃないかな。

そんな微妙なところって、サンプル過程で何度も自分で触ってないと、
なかなか気づかないです。

時間はかかるし、資材のバリエーションは増えるし、と、百害あって一理
なしなんて思ってるところが多いだろう。
そりゃ、型数の多い企業はやってられないと思う。

でも、やっぱり性格なのかなあ。

そういえば、さっき
2杯目のアイスコーヒーを作ろうと、
冷蔵庫を開けると、

牛乳の代わりに、インスタントコーヒーのビンが・・・

はっと、振り向くと牛乳は出しっぱなし。

春だからという事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です