素材の違い

画像の3つのLEDライトは、ThruNite というメーカー製で、
3つとも同じデザインのライトです。

素材は右から順に、アルミ、ステンレス、チタンです。

黒い塗装をほどこしたアルミ
光沢のきわだったステンレス
光沢の若干にぶいチタン

画像だけでは、塗装や表面処理くらいしか違いがわかりません。

でも実際に手に持ってみると、一気に個々の違いが伝わってきます。

重さはアルミ12g、ステンレス25g、チタン16g
LEDライトとしては、結構小さめの機種とはいえ
これだけ重量差があるんです。

重さだけでなく、
表面処理や素材特性からくる、触りごこちや体感温度など
それはもう微妙な違いではなく、
まったく別物です。

カラーやデザインは見た目を決めます。

ただ所有者の満足感(所有したい・長く使いたい・etc)は
デザインはもちろんですが、
その重さや触りごこち等が大きく影響します。

これはバッグを生産するうえで、
デニム生地・皮革・金具・その他資材にも言えることです。

”手に持った瞬間に受ける感覚”、
デザインと同じように大事にしています。

ぜひDDWのバッグに触って感じてみてください。。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スーパーカブ(JA07)で瀬戸内市を中心に走っています。
走っている時間より、行く先々でのんびりしている時間の方が長いです。
いつも途中でコンビニスイーツを買うので、クーラーボックス(バッグ)は常に持ってます。

目次
閉じる