ケースに入ったiPhone Plus用ポーチ

普段はiPhone7を使っています。

他にiPhone6Plusも持っていて、本当はiPhone7を購入するときもPlusにするつもりでした。

ただその大きなサイズから、入るポーチやバッグのポケットが限定されるため、持ち運びを優先して通常のiPhone7を選びました。

でも小さな画面はやはり見づらく、なんどもiPhone6PlusにSIMを差し替えて使いましたが、結局持ち運びづらくてiPhone7に戻っていました。

ちなみに私の使っているiPhoneケースは、しっかりしたUAGのフラップ付きケースを使っています。

初めてiPhoneにPlusのサイズが出たとき、iPhone自体が曲がってしまう事が結構ネットに取り上げられていましたし、もともとスマホが傷付くのを極端に嫌う性格なので、ミリタリースペックに後押しされて、このケースにしたわけです。

ただ、そのケースに入れたiPhone Plusが入るポーチが無いんです。

一般的にiPhone Plusサイズが入るポーチは、iPhoneに薄めのケースを付けたものがギリギリ入るサイズばかりで、かつ、デザイン的にも普段使いには?というモノばかりなんですよね。

私としては、普段グレゴリーやノースフェイスのリュックをよく使っているので、「大き目ケース使用のiPhone Plusが入るサイズのポーチで、リュックのショルダーベルトに付けられるもの」があればと、ずっと探していました。

でも
無いものはしょうがないので、もう自分で企画します

まずは、最近のアウトドア系リュックのショルダーベルトに付けてサイズや素材に違和感がない事。

素材は、バリスティックナイロンか、コーデュラナイロンあたりが候補ですが、リュックに違和感がないデザインとなると、そのサイズからもバリスティックでは少し浮いてしまいそうなので、コーデュラの方がさりげないでしょう。

あとはデザインと使い勝手を大きく左右する開け方。
ここは考えているものがありますが、ミリタリースペックをとるか、全体のシンプルさをとるか検討します。

 

 

登山気分

近場には、標高が低くピクニック気分で登れる山がいくつもあります。
今日の、ここは低いわりには登山気分を味わえる山。
登るというより、歩くという感じですが。


一番よく歩く(登る)のは、家のベランダから見える山、
裏山気分のその小さな山には、古墳がいくつもあったりするので、
毎回ルートを変えて歩いては楽しんでいます。

今日は偶然、久々の友達に遭遇
家族みんな元気そうでなによりでした。

少しだけ

神社、仏閣の雰囲気が好きです。
なので時間を見つけては・・・・

途中で古いロードスターが気持ちよさそうに走ってました。
天気がいいとブルーの色が映えますね。

 

この日はこれを聞きながら歩いてました。
久々にベストチョイスでしたね。

梅雨の前後

梅雨の前、梅雨中の晴れ間、梅雨明け直後は特に夏らしくて気持ちいい日差しを感じます。

それにしても、すでに夏バテ気味です。
基本3食きちんと食べてるし、玄米と野菜中心の非常にヘルシーな食生活なのに。
たまにはガツン!と熱いものや辛いもので体にカツを入れたほうがいいのでしょうか?
まあ毎年のことではありますが。

夏、大好きなのに、暑いのには弱いんです。
もともと虚弱なほうなので。

たまには

昨日は空いた時間を利用してほんのすこし海へ。
気温が高かったこともあって思った以上に人が多くてちょっとビックリ。

真夏のように思いっきり泳いでいる子供たちもいて、
春を通り越してそこだけは夏気分が盛り上がっていました。
その日の海の色もわりと好きな色で・・・やっぱたまには行かないとね。