オールドレンズ

以前からデジタルカメラにマウントアダプターを使用して、
古いレンズで撮影している方を面白そうだなあと思っていたところ、
先日、実家から昔使っていたカメラが出てきたと連絡があり、貰ってきました。
僕が子供の頃は、実際にこのレンズを付けたカメラで旅行や記念写真を撮っていた物です。

せっかくなので、あまり期待はしないで、僕も自分のNEXに付けてみました。
何となく、小さい頃に撮った雰囲気を感じられるのかなあと。

オートフォーカスは使えませんが、NEXには、ピーキングといって、
画面上のピントが合っている所に色が付く機能もあるし、
普段から基本的にマニュアルで撮影しているので、操作の違和感もあまり無く撮れそうです。

何枚か試し撮りしてみたところ、自分の意図しないイメージで撮れてたりと、
その辺は少々慣れが必要かもしれませんが、
思った以上にクリアな画像で、当分楽しめそうです。

ただ、重い・・・

ぶらりと

時間が空いた時は、たまに子供と出かけて見ることもあります。
夕方、少しの時間だけでしたが、この時は牛窓を二人でキックボードでぶらりとしてきました。

海に落ちる夕日の写真でも撮ろうかと思ったんですが、
この時期は陸側に日が落ちるの忘れてました。

コダック

先日、相当の量の画像を整理をしていた時、
思わず画像を大きく見てしまったのが、
以前に使っていたコダックのEASYSHARE V570で撮影した画像。

特に普段撮りに関しては、
この機種が23mmの広角と言うのもあるけど、
その独特な色合いがなぜか気になる。
同じようにパナソニックにもそういったところを感じるんです。

仕事やしっかり撮りたいときは、ずっとニコンの一眼デジカメを使用しているのですが、僕の記憶色にはコダックがはまるようです。
また使ってみたいんだけど、最近コダック製のデジカメってあんまりないんですよね。

あ、ちなみに今日の画像はキャノンのデジカメです。

って、結局僕はどこ派なんでしょう?

コンセプトデザイン展・開催中

昨日の土曜日から、コンセプトデザイン展、開催してます。

コンセプトデザイン展って?

バッグデザインはDDWブランドのみにするわけではないんです。
他社の商品デザインもあり、今すぐ商品化はしないけど今後の一つの方向性を考えてするものもあり、サイトのプレゼント用のデザインもあり・・・・と、外に出ていないデザインが星の数ほどあります。

今回は、その中でもわりとコンセプトのはっきりした、自転車用・カメラ用・その他コンセプト商品の一部を展示しています。

展示サンプルは、ヌメ革を漉いた後に残る床革を使っていて、こんな感じで普段からデザインサンプルを作製しているという雰囲気を見ていただけると思います。
あと展示会場には、この床革のカット前のサンプルも展示していますので、通常は見られない牛革のサイズを見ることも出来ます。

※3階のDDWショップも普段平日は閉まっていますが、展示会期間中は出来るだけ開けておりますので、よかったらのぞいてみてください。

——————————————–
●DDW・コンセプトデザイン展示会
——————————————–
場所 岡山市天神町9-39 上之町會舘 2Fホール
展示期間 12月6日(土)~12月14日(日)
11時~19時

写真展

DDWショップの入っている上之町會舘には、2階にイベントホールがあります。

看板に誘われて會舘に入ってこられるお客様でDDWショップのある3階に上がる途中、2階のハンマーのかかった扉に『えっ!』と思われた方も少なくないでしょう。

そう、この扉の奥がホールになっています。

このホールではいろんなイベントが開催されますが、現在は先日3日の月曜日から、AYUMIさんの写真展が行われています。

距 離

AYUMI photo exhibition 2008
2008.11.3 Mon ~ 16 Sun

写真展というと、いろいろなジャンルがあるので好き嫌いもあるんじゃないかと思います。
でもジャンルにとらわれずにその空間を楽しんでみてはいかがですか。
展示会特有の凛とした空気感が心地いいです。

こちらのホールではコンスタントに何かの催しが行われておりますので、たまにはフラッと立ち寄って見てください。
何か自分のアンテナに引っかかるものがあるかもしれませんね。

梅雨明け

去年の梅雨明けは7月の末ぐらいだったと思います。
せっかく梅雨が明けても、もう8月だと思うと、ちょっと夏を損した気分でした。

今日のニュースで、九州から山口県あたりまで梅雨明けしたとのこと、
まだ7月の上旬、今年の夏は楽しめそうです。

最近、ぼくは日曜・月曜とショップで仕事している。事務仕事やデザイン等、事務所じゃなくてもできることをしてるんだけど、その合間合間にゴソゴソと遊んでます。

今はデジカメ以外にも、フィルムカメラのこれ、を、ひさびさ引っ張り出してきて、いじってます。

これはCONTAXのTixというAPSフィルムカメラで、シンプルなデザインがとても気に入ってる。
ところがAPSフィルムって、ほとんど販売してないんですよ。カメラ屋サンまでいって、感度400のしか扱ってませんって言われた(割とマニアっぽいカメラ屋さんなのに・・・だから扱ってないのかな)。
ま、それはそれとして、デジカメとは違う色合いの写真が撮れるのを楽しんでいます。

ショップ近辺は美術館など多いので、来店するお客さんのカメラを持っている確率がすごく高い。みんな楽しんでそうです。そんなあなた、散歩中、暇なときはDDWショップにぜひ立ち寄って話しかけてください。
・・・・ずっと一人だと、寝ちゃいますから。

色変更

撮影用バックをナチュラルホワイトに変更してみました。
普段から事務所の一部が撮影用簡易スタジオと化していて、ナチュラルな板バックや、大判のロール状の背景紙も使用できるようにしています。

ところが最近、板をバックに使った時、微妙に商品等が黄味をおびてきてました。

そうなんです、パイン材なので経年変化で黄色っぽくなってきて、それが微妙な反射をおこしているようなんです。まあ安いものなので、木材やさんで買ってくればいいのですが、思い切って塗ってみました。

・・・・・・・楽しい。

と、いうことで今後の商品画像は背景が白になっているはずです。

G7用カメラケース(ショルダー)

僕の好きなカメラにキャノンのG7というカメラがあります。

他にもリコーのGRD、パナソニックのLX2・・・
って、解りませんよね?

コンパクトタイプだけど、写りの良さを優先させたデジカメ達です。
なので他のコンパクトデジカメより、少々、値段が高めだったりします。

この上記のカメラ達は、より綺麗に撮ることに重点をおいている為、
他のデジカメに比べると、少々大きめだったり、レンズ部分が出てい
たりと、その形(コンパクトさ等)に多少の影響がでてきます。

その為、これらのカメラをいれるケースは純正品以外だと、機能性を
重視する傾向のある男性用でさえ、あまりこれ、というのがないのが、
現状。

なので女性用ともなると・・・・・

個人的には、こういったカメラを使っている人たちは、その景色を写真
として切り取りたいだけでなく、写真を撮るその時間も楽しみたい方々
だと思います。

今回の懸賞企画のカメラショルダーは、実はこんなタイプのデジカメ
ケースを想定していました。

そこで考えたのが、今回の懸賞用バッグ。

すみません。はっきりいって、自分達の趣味で作りました。
もともとは、キャノンのG7を購入しようと思い、純正のケースに目をつ
けていたのですが、少し気になるところが。

それは、
胸からぶら下げるタイプのケースなんですが、このタイプ、何気なくか
がんだ時に目の前の物にカメラをぶつけたり。
(そういう時に限ってレンズをだしてたりするんですよね。いままでに
何度か経験したものですから。)

あと、どうしても歩くリズムで、胸にトン・トンとあたる為、のんびり散歩
する時って、そんな些細な事が気になったりするんです。

とはいえ、やっぱり純正タイプ(速射ケースとも言われてます)も大好き
なんですよね。

そんなこんなで、いろいろ考えた結果、女性だと散歩とはいえ小銭入れ
くらい入る、もう少しだけの容量が決め手になるかな、と、今回のサイズ
・仕様になりました。

まあ要は、自分達の使い方を反映しただけともいえます(笑)。

ところが、今回の懸賞企画をはじめて数日。
びっくりするほどの反応です。

「普段は応募しないけど、今回のは絶対欲しい!」
「G7に合いそう」
「これが出るなら、デジカメ買う。」
「これなら、おしゃれに持てそう。」
「これこそ待っていたカメラバッグです!」
「売って下さい!!」

等々、一言もカメラの機種を口にしてないにも関わらず、
たくさんの関心を集めているみたいです。

思った以上にマニアな女性もいらっしゃるようで。(笑)

僕と同じように撮影散歩を感じている方が、思いのほか多くて、
ちょっと嬉しがっております。

懸賞企画はこちらから
http://doutoku.com/hpgen/HPB/entries/34.html
Canon デジタルカメラ PowerShot G7 PSG7

市場調査にはズームが必要?


前回はスナップ写真の話をしましたが、今回はその続きで、普段スナップを撮るのも要はバッグデザインなどの参考にするわけです。なので、もちろんショーウィンドウなどはバシバシ撮ってます。できれば店内で撮りたいのですが、なかなかその勇気がありません、携帯なら撮りやすいですが、ピロ~ン!って訳のわからないシャッター音がするし。

そんな度胸のない自分としては、カメラのズーム(望遠)レンズというのは、とっても役にたつわけです。だってズームの倍率が高いデジカメだと、店から少し離れたところからなら、店内の商品まで大きく撮れちゃうんですよね。ただしそんな倍率の高いデジカメだと、それなりにボディサイズが大きくなるので(特に一眼タイプなど)持ってると、ちょっと、ひけ目を感じる。

ちなみに本日の写真はショーウィンドウの中のバッグが気になって撮ったのですが、車で移動中だったので、そばによれず、ついでに望遠でないカメラで撮ったもの・・・・。

見えます?・・・バッグ。