東京展示会

明日から銀座にてアクセサリーとバッグの合同展示会に出品しております。
全国から20のクチュールブランドが揃っておりますので
お時間のあるかたは、ぜひお立寄り下さい。

“ナツモノ”

会期 6月3日(火)~8日(日)
時間 11:00~20:00 (8日のみ17:00まで)
会場 GINZA KOSIN GALLERY
中央区銀座7-7-1幸伸ビル

ゴールデンウイーク&実店舗OPEN連動企画

おかげさまで地元岡山に実店舗をオープンいたしました。
このたび、お客様に感謝をこめて、ゴールデンウイーク&
実店舗OPEN連動企画として、期間中にお買い上げのお客様全員に、ポイントを10倍差し上げます。

(例)
通常     :16,800円の商品をご購入の場合・・・168ポイント(168円分)
期間中 :16,800円の商品をご購入の場合・・・1,680ポイント(1,680円分)

更に全商品送料無料!
この機会にぜひ一度DDWの商品に触れてみてください。

※実店舗にてお買い上げのお客様には、期間中のみ全商品10%OFFとさせていただきます。

奇をてらったデザインはあんまり好きじゃない。

とはいえ、見慣れた安心感のある定番デザインを見て、「本当にこの形が一番いいのかな・・・?」は、いつも考えてる。

デザインのサンプルを作る過程で、
『こうしたらどうだろう・・・』
『こんな方法は・・・』
と試行錯誤を繰り返す。

で、結局、元の定番デザインに戻って、
『やっぱり定番デザインになるだけあって、よく考えられてるなあ。』
・・とも思う。

そんな過程は無駄なようだけど、
既存のデザインを見直す時間って、すごく大事なんだと、
最近、特に感じます。

9月の懸賞企画やってます。
トップページからどうぞ。
http://www.doutoku.com

参考

デザインを考えるのに、この方法が絶対なんてことは、たぶん無いのかな。

デザインの参考に他のバッグを見るのもありだし、使っている状況を考えて機能性から考えるのもあり。美術館や他分野のデザインソースを参考にすることもあります。

そんな中、最近は言葉からデザインへ結びつける事が多い感じです。

言葉から直接イメージ(デザイン)するわけではなく、気になった言葉や文章の意味を自分なりに考えて、少しづつ形にしていく要領です。この方法のメリットは、目の前にビジュアルがないので形にするまでに時間はかかりますが、コンセプトがブレにくくて、デザイン終盤に考えがフラフラすることがありません。

だからいつもアンテナを張ってます。結局のところ何でも見て(聞いて)ないと、何時きっかけが見つかるか分からないんですよね。

DINGHY TOTE (ディンギートート)

6月のプレゼント企画のディンギー・トートバッグ、ぜひ応募してください。

今日は、DDWのバッグ作りについて少し。

巷には、レザー製のバッグは山ほどありますよね。
長く使おうと思えば、選択は間違ってないと思います。僕もレザーは大好きだし。
そんな中、布製のバッグって、どちらかというと流行り物が多いですよね、デザインも素材も短命という感じでしょうか。

そんな中、長く使える布製バッグといえば、帆布やデニムが主流。
ただ、その素材の雰囲気から、どうしてもメンズ感が強くなってます。

これまでDDWというブランドのコンセプトを考える上で、いろんな内容を書き出して考えてきましたが、“長く使えるレディス布バッグ”もその一つ。

ただ素材が強くて長く使えるというのじゃなくて、トレンドの波に飲まれない、長く使いたいと思わせるデザインがこれからも目標です。

テキスタイル

先日発売したDDWのテキスタイルは、こんな織機で織られています。


これは、実際に織っているところを撮影してきました。
あれ?色が・・・と思われた方、正解です。
このカラーはまだ発売していません、もう少しだけ先になります。

現在発売しているものは、夏らしいカラーのブルーとピンクですが、
この画像で織っているのは、濃紺(いわゆるデニムカラー)です。

この(ブルー・ピンク)と濃紺は混率が違い、ブルー・ピンクは縦糸をコットン、横糸をポリエステルにしてより爽やかな色が出るようにしています。
一度コットンの糸でも織ってみたのですが、全体的にぼやけたデザインの印象になってしまったので、検討した結果、色の表現力という視点で横糸にはポリエステル糸を使用しました。

ちなみに後日発売する濃紺バージョンは、縦・横糸ともコットン糸を使用しています。通常のデニムと同じように、よりデニムの素材感を楽しんでもらえると思います。

個人的に、今回のブルーとピンクの色は大好きで、よりDDWらしい雰囲気に仕上がったと思ってます、是非一度、ご覧下さい。

DDWシャツ

5月のプレゼントがダブルガーゼのシャツって、DDWから?って驚いた人も多いかと。

僕がもともとアパレル出身なのは、今までのブログでご存知の方も多いと思いますが、社会人として初めて就職したのがシャツ中心のブランドだったんですね。
だからDDWをスタートさせたきっかけも、レディスシャツの企画なんですよ。

ちなみに今回のプレゼントの企画は、以前テレビドラマでやってた「瑠璃色の海」を見る機会があって、それ見ていて、ふとシャツが作りたくなったので、DDWのイメージに合いそうなデザインを考えてみました。

基本のパターン(型紙)は当然あるので、ショートめで少しAライン風に広がるパターンに修正してみました。今のところ商品化は考えてないけど、今後もプレゼント企画としてはDDWらしいものなら、アパレル企画もいいかなと思ってる今日この頃です。

行き当たりばったり

先日、久しぶりに電車に乗りました。
仕事でもプライベートでも、基本は車移動、もしくは自転車なので、
僕としては、とてもめずらしい事です。

たまには、電車の窓から景色を眺めるのも、いいですね。

今回は、どこに行くという事もなく、のんびり歩きに行ったようなものだけど、
車と違って、帰りに駐車場に戻ったりすることも無いので、
行き当たりばったりを楽しんできました。

歩く時間を増やしてるのは腰痛対策だったりもしますが。(爺さんか!)

新商品の方は、ようやく全てのテキスタイルが上がってきたので、
これからが集中時です。

こそこそ考え中

ホントに細かい部分を気にする方です。

企業デザイナーじゃないので、より商品に自分の感覚を入れられる。
それがどんな所かは言葉にするのは難しいけど。

こだわり?
性格?
楽しみ?

たぶん全部です。

例えばシンプルデザインと一言で言っても、手触り、張り感、塊り感、
ボリューム感・・・
見たいにサイズや重量以外に数値で表せない部分って、限りなくあ
るんですよね。
そんなところを大切にしたいと思ってるんですが、これって大手の様に、
分業だと難しいんです。

たとえばボリューム感。
薄手の素材のままバッグにしてしまうと、安っぽい物になってしまう。
そこで、ボリュームを出すために、何種類もの綿や、スポンジ、シート
状のゴム等を試してみる。

この作業は単に膨らみだけでなく、ステッチの糸の食い込み具合にも
影響がでる。

解り易いのが革。
革のステッチって何となく見ちゃうでしょ、糸の締まり具合やミシン目が
かっこ良さを左右しちゃってるし、そのことで商品レベルが天地のように
違う。

これは、もちろん布にも言える事。

デニムメーカーとかだと、ステッチに拘りのあるところは多いけど、一般の
アパレルで、そんなところに拘ってるところは、余り無いんじゃないかな。

そんな微妙なところって、サンプル過程で何度も自分で触ってないと、
なかなか気づかないです。

時間はかかるし、資材のバリエーションは増えるし、と、百害あって一理
なしなんて思ってるところが多いだろう。
そりゃ、型数の多い企業はやってられないと思う。

でも、やっぱり性格なのかなあ。

そういえば、さっき
2杯目のアイスコーヒーを作ろうと、
冷蔵庫を開けると、

牛乳の代わりに、インスタントコーヒーのビンが・・・

はっと、振り向くと牛乳は出しっぱなし。

春だからという事で。

ハワイアン雑貨・フラ用品SHOP

先日の3月18日、地元のお客様のお店が開店したので、
お祝いに行って来ました。

店名はLanai(ラナイ)さん。
フラ用品をはじめ、インテリア・アパレル用品迄、多彩に揃えた、
ハワイアン雑貨の専門店です。

こちらのお店、商品のみでなく、フラ(ダンス)などに興味がある方は、
一度行ってみられてはいかがですか。
きっと色々教えてもらえると思いますよ。

ところで今回はDDWの定番バッグ、デリバッグのシリーズをLanai別注
デザインで納品してきました。

このバッグはDDWの定番バッグをベースに、Lanaiさんがハワイから買
い付けてきた、ハワイアンファブリックを使用して限定で生産したものです。
なのでDDWサイトでも手に入りません。

ぜひ、Lanaiさんで、お手にとってご覧下さい。

場所は岡山市表町2丁目オランダ通りのレピシエカフェの隣です。
岡山の方はぜひ一度どうぞ。