ケースに入ったiPhone Plus用ポーチ

普段はiPhone7を使っています。

他にiPhone6Plusも持っていて、本当はiPhone7を購入するときもPlusにするつもりでした。

ただその大きなサイズから、入るポーチやバッグのポケットが限定されるため、持ち運びを優先して通常のiPhone7を選びました。

でも小さな画面はやはり見づらく、なんどもiPhone6PlusにSIMを差し替えて使いましたが、結局持ち運びづらくてiPhone7に戻っていました。

ちなみに私の使っているiPhoneケースは、しっかりしたUAGのフラップ付きケースを使っています。

初めてiPhoneにPlusのサイズが出たとき、iPhone自体が曲がってしまう事が結構ネットに取り上げられていましたし、もともとスマホが傷付くのを極端に嫌う性格なので、ミリタリースペックに後押しされて、このケースにしたわけです。

ただ、そのケースに入れたiPhone Plusが入るポーチが無いんです。

一般的にiPhone Plusサイズが入るポーチは、iPhoneに薄めのケースを付けたものがギリギリ入るサイズばかりで、かつ、デザイン的にも普段使いには?というモノばかりなんですよね。

私としては、普段グレゴリーやノースフェイスのリュックをよく使っているので、「大き目ケース使用のiPhone Plusが入るサイズのポーチで、リュックのショルダーベルトに付けられるもの」があればと、ずっと探していました。

でも
無いものはしょうがないので、もう自分で企画します

まずは、最近のアウトドア系リュックのショルダーベルトに付けてサイズや素材に違和感がない事。

素材は、バリスティックナイロンか、コーデュラナイロンあたりが候補ですが、リュックに違和感がないデザインとなると、そのサイズからもバリスティックでは少し浮いてしまいそうなので、コーデュラの方がさりげないでしょう。

あとはデザインと使い勝手を大きく左右する開け方。
ここは考えているものがありますが、ミリタリースペックをとるか、全体のシンプルさをとるか検討します。

 

 

少しだけ

神社、仏閣の雰囲気が好きです。
なので時間を見つけては・・・・

途中で古いロードスターが気持ちよさそうに走ってました。
天気がいいとブルーの色が映えますね。

 

この日はこれを聞きながら歩いてました。
久々にベストチョイスでしたね。

PORTABOOKにWindows10 Creators Update

PORTABOOKに、出たばかりのメジャーバージョンアップ、
Windows10 Creators Updateを入れてみました。

空き容量が8G必要なので、
1回目、8.2G位の空きで失敗。
2回目、7.95G位の空きでも先に進めたので、挑戦・・・失敗。

どちらも最後に「外部記憶域メディアを入れて・・」とのエラー表示で
SDカードや、USBフラッシュの抜き先をしても何も変わらず。
しょうがないので、キャンセルすると
当たり前だがアップデート自体が終了。最初から。

そのたびに8Gが確保するために、細かい削除を繰り返す。
ところが3回目にキャンセルした直後、空き容量が何故か9Gを超えている。
もしかして今ならと、そのままアップデートすると。
すんなりアップデート完了。
結局は容量の問題か。

今後のアップデートの事を考えると気が重い部分もあるが、
すがすがしいくらい常に断捨離が必要なキーボードマシンと考えると、
何故か割り切れる。

Apple Watchとデニム

昨年後半に新色として発売された
Apple Watch Sport
ゴールドアルミニウムケースとミッドナイトブルースポーツバンドの組み合わせ。

画像で見るより、デニムカラーです。

AppleWatchがデザイン的に腕から浮いていると杞憂している人。
多いですよね。

でも光沢を抑えたゴールドのアルミモデルは、
デニムのコーディネートが多い方には、おススメのカラーです。

合わせるデニムアイテムのステッチの色次第では
ビックリするほど違和感がありません。

もちろんデニムバッグとの組み合わせもありです。

 

キーボード

久々にブログの更新をしようと思ったら、キーボードの様子がおかしい。

ちなみにiPadで外付けのキーボードを使おうと思い、
数あるキーボードの中からロジクールのiPad用ケース一体型の物に接続したが、
日本語の切り替えができない。

調べてみるとiOS9にしたのが原因らしく、現在のところ解決策はiOS8へのダウングレードしかないらしい。
キーボードはたくさん持ってるから困ることは無いんだけど、
やっぱりあるものは使えないと。
さて、どうなることやら。

SAUNDERS(サンダース)のクリップボード

もう見事なほどの実用品(デザイン)です。
普段はiPad miniとメモ帳と鉛筆。あとは使用中の書類などを入れっぱなし。
書類やメモはミニクリップで留めておくと、付箋代わりになって、整理も簡単。
どんなバッグに入れても、つぶれる心配は無いし、iPad miniもカバーは付けてるけど2重に安心。
ちなみにminiじゃないiPadも余裕で入る。

車や電車の移動中でも、ひざの上で記入できるので、
ほんとオールマイティです。

これのB5、もしくはA5サイズもあればいいのに、見つかりません。

 

iPhoneが繋がらない。

数日前に気づきました。

iPhoneで電話をかけるとコールはされるのですが、相手が受けてもお互い何も聞こえず。
逆に相手からかかってきた時はコールされないどころか着信履歴すら残らない。
これはまずいという事で、調べて見ると結構同じ症状になってる人がいました。

最近僕に電話しても繋がらないとか、電話がかかってきたけど無言じゃないかと思われた方、僕のせいではないようです。(笑)

この症状を知らないと、ずっと電波状況でも悪いのかで終りそうだけど、気になる人は下記の方法で直ります。・・・と、いっても一時的ですがその場でまずは直ります。

僕の場合数日したらまた同じ症状がでたので、1日一回はやってます。
どうやらiOSが原因みたいなので修理や交換でどうにかなるものでもなさそう。早くOSのバージョンアップしてくれないかなあ。

というわけで気になる方は

『設定』から『一般』、『ネットワーク』、と進み、『モバイルデータ通信』をオン・オフと切替えてみて下さい。すぐに通話できるようになります。ちなみに僕のように普段『モバイルデータ通信』をオフにしている人に出る症状のようです。

直ったかどうかの通話確認には、11112にかけてアナウンスに従い電話をきると、直後に自動で電話がかかってきますので、それでちゃんと通話可能か確認できます。気になったかたは一度お試し下さい。

ジョブズありがとう。

企業のトップが亡くなって、初めて目がウルっと来たかもしれない。

初めてマックを使ってから、もう20年位経つだろうか。
仕事の都合でウィンドウズに変えても、
思い入れのあるマシン(MAC)は今でもとってある。
アップルの製品には道具以上の何かがあるんです。

他機種を使っていても、
アップルから新しい製品が出るたびに気持ちがグラッと。

と、色々話もあるんだけど・・・・。

今、世界中の人たちが気持ちを伝えていますが、
僕もやっぱり

ジョブズ「ありがとう」
です。

iPad用キーボード TK600

最近はiPadの使用率が非常に高く、いつも持ち歩いています。
それに伴い、アップル純正のBluetoothキーボードを使っていたところ、
先日ロジクールからiPad用のキーボードが発売され、何故かここに。

デザイン的には嫌いじゃないです。
もともとロジクールは好きなメーカーで、
価格の割には機能が良くデザインもこなれているイメージがあります。

そこで今回のTK600をアップル純正と比べると、
サイドのデザインが両者とも特徴なんでしょうけど、質感はやはり純正が上。
打鍵感も純正が上かな。

でも何故かロジクール製品には、使い倒せる雰囲気が備わってるんですよね。
更にはこのホームボタン。

iPadをスタンドで使っていると、ホームボタンを押すと動いちゃうじゃないですか。
それだけの事だけどこのボタンの存在はありがたい。
しかし、純正のこの、かな・英数ボタンも捨てがたい。

どちらを買おうか迷ってる方は、持ち出す事が多い方はスタンドにもなるケース付きのロジクール。
じっくり家で使う方は純正でいいんじゃないでしょうか。

と、本日はキーボードレビューでした。

身の回り品、iPad


発売されてから、もう数ヶ月
僕のiPadも普段の生活や仕事にかかせないものとなっています。
もともとこういったガジェットが好きだということもあり、半分は興味で購入したのですが、その使いやすさにパソコンの使用頻度が激減しています。

今まではメールを確認するたびにパソコンを立ち上げていたのですが、どうやらその事だけでも、かなりの時間を無駄にしていたようです。もちろんiPhoneにもメールは転送されています。ただ文字数の多い物や、資料の添付されたものがあると結局パソコンを起動させることになり、すぐに返信の必要があるとやはりiPhoneではきついかなと。

そんなメールビューワー以外にも、普段から部屋ではiPadで音楽を流しています。
時おりメールを確認し、ブログのネタをメモし、相方は料理のレシピをネットで検索し・・・・
と、我家ではとても活躍中。そんな感じなのでiPadは常に部屋の真ん中に陣取っています。

このスタンドはデザインに惹かれて購入しました。
使い勝手は普通なんですけど、マイナスポイントがほとんど無いんですよね。こういった使い勝手が優先する物ってマイナス点が無いことが長く使えるものだと思います。もちろん長く飽きないデザインも。

あと、僕にとってはこの安価な外部スピーカーも必需品です。
ipadは操作をするため傍に置いておきたいのですが、音が目の前から来ると集中できないので、外部スピーカーを離れた場所に置いて使っています。このスピーカーはBluetooth接続なので好きなところに置いておけます。(現時点でiPhoneでは音量の調整はできますが、iPadでは出来なのが残念です。)

ちなみに高級品はダメです。なんといっても音が良すぎます。(笑)
iPadで聞く音楽は基本BGMで、仕事中に背後で生演奏を聞きたいわけではありません。できれば少々安っぽく軽めの音の方が好ましいのです。
このスピーカー、デザインもシンプルで使いやすいので、2個目を買いました。
ところが先日からIO DATAのプレミアム・アウトレットでなんと一個1980円になっていました。・・・や、安い。

僕のiPadはWifiバージョンなのでイーモバイルのD25HWを使っています。
ケースはこちらのD25HW専用ケース(サンプル)です。