ケースに入ったiPhone Plus用ポーチ

普段はiPhone7を使っています。

他にiPhone6Plusも持っていて、本当はiPhone7を購入するときもPlusにするつもりでした。

ただその大きなサイズから、入るポーチやバッグのポケットが限定されるため、持ち運びを優先して通常のiPhone7を選びました。

でも小さな画面はやはり見づらく、なんどもiPhone6PlusにSIMを差し替えて使いましたが、結局持ち運びづらくてiPhone7に戻っていました。

ちなみに私の使っているiPhoneケースは、しっかりしたUAGのフラップ付きケースを使っています。

初めてiPhoneにPlusのサイズが出たとき、iPhone自体が曲がってしまう事が結構ネットに取り上げられていましたし、もともとスマホが傷付くのを極端に嫌う性格なので、ミリタリースペックに後押しされて、このケースにしたわけです。

ただ、そのケースに入れたiPhone Plusが入るポーチが無いんです。

一般的にiPhone Plusサイズが入るポーチは、iPhoneに薄めのケースを付けたものがギリギリ入るサイズばかりで、かつ、デザイン的にも普段使いには?というモノばかりなんですよね。

私としては、普段グレゴリーやノースフェイスのリュックをよく使っているので、「大き目ケース使用のiPhone Plusが入るサイズのポーチで、リュックのショルダーベルトに付けられるもの」があればと、ずっと探していました。

でも
無いものはしょうがないので、もう自分で企画します

まずは、最近のアウトドア系リュックのショルダーベルトに付けてサイズや素材に違和感がない事。

素材は、バリスティックナイロンか、コーデュラナイロンあたりが候補ですが、リュックに違和感がないデザインとなると、そのサイズからもバリスティックでは少し浮いてしまいそうなので、コーデュラの方がさりげないでしょう。

あとはデザインと使い勝手を大きく左右する開け方。
ここは考えているものがありますが、ミリタリースペックをとるか、全体のシンプルさをとるか検討します。

 

 

リュック用に

ここのところ久しぶりに腰痛で動きが鈍くなっていますが、
先日、こんなものを用意しました。
スイッチパーツ、熱収縮チューブ、DCジャック、DC中継ジャック、配線

これを自作します。

じゃあ最初から、これを買えばって事ですが、
ジャック部分の分解ができないし、
このジャックは結構サイズが微妙なんです。
径が、ほんの少し違ったり
径は合っても長さが違うとか。

実際、電子パーツ屋さんで確認しながら買ったのですが、
長さが本来欲しいサイズとは少し違います。
スイッチも格好悪いですが、まずは様子を見て、こんなスイッチに交換します。

ちなみに今回のこの自作パーツ、リュックに付けます。

素材の違い

画像の3つのLEDライトは、ThruNite というメーカー製で、
3つとも同じデザインのライトです。

素材は右から順に、アルミ、ステンレス、チタンです。

黒い塗装をほどこしたアルミ
光沢のきわだったステンレス
光沢の若干にぶいチタン

画像だけでは、塗装や表面処理くらいしか違いがわかりません。

でも実際に手に持ってみると、一気に個々の違いが伝わってきます。

重さはアルミ12g、ステンレス25g、チタン16g
LEDライトとしては、結構小さめの機種とはいえ
これだけ重量差があるんです。

重さだけでなく、
表面処理や素材特性からくる、触りごこちや体感温度など
それはもう微妙な違いではなく、
まったく別物です。

カラーやデザインは見た目を決めます。

ただ所有者の満足感(所有したい・長く使いたい・etc)は
デザインはもちろんですが、
その重さや触りごこち等が大きく影響します。

これはバッグを生産するうえで、
デニム生地・皮革・金具・その他資材にも言えることです。

”手に持った瞬間に受ける感覚”、
デザインと同じように大事にしています。

ぜひDDWのバッグに触って感じてみてください。。

 

生地替え別注

今回は業者様向けのお話し。
たとえばキルトデニムの定番商品、デリバッグミニがこちら。

この商品を部分的に生地変更するだけで、こんなに変わります。

セレクトショップさんや、個人店舗さんなど、
お店の売り(コンセプト)となる柄や、素材イメージを持たれているところは結構あります。実際、トートバッグなどシンプルなものを作られているところは、たくさんあるでしょう。
しかしトートバッグだけでは、そのシンプルさゆえに、生産できる工場や個人さんまで多いため、他店(他社)との差別化は難しいのではないでしょうか。

とはいえ、それ以外のバッグのデザインになると、生産ロットや、コスト面で、なかなか手を出しづらいと思われていますが、今回の画像のように、定番デザインから発展させて考えると、大きなコストアップをせずに、生産できる場合もあります。

その他、デザイン的な事で聞かれる事として、
扱われている物がプリント系の素材で薄手の物が多いので、バッグに不向きなのでは。と、思われる方もいらっしゃいます。
確かにプリント系の素材は薄手の物が多く、バッグに不向きと思われるのも無理はありません。

特にたくさんの商品を扱われているプロの方ほど、ちゃんとその完成品をイメージできるため、躊躇してしまうようです。

もちろん、そのまま芯を貼ったりキルティングするくらいでは全体のボリュームとバランスが取れなくなってしまいますが、そこは様々な方法があるんです。

店舗的にも、DDWのように、デニムメインの商品デザインは、コーディネートもしやすい上、店舗内で他の商品の中に入れても違和感なく収まるため、商品としてだけでなく、その作りこんだ品質から、店舗ディスプレーのアクセントやイメージアップにもつながると思います。

東京ミッドタウン THE COVER NIPPON 【晴れの国 備前岡山展】 出展中

皆様こんにちは。
今回は下記イベントのご案内です。
——————————————–
東京ミッドタウン THE COVER NIPPON
【晴れの国 備前岡山展】 出展中
——————————————–
DDWの商品は岡山の実店舗やネットショップ中心ですので、
各地から実商品を見たいという問い合わせを大変多く頂いております。

そこで、今回東京ミッドタウン THE COVER NIPPONでの
【晴れの国 備前岡山展】へ、一部の商品ですが出展しております。

8月いっぱい展示販売しておりますので、
関東近辺のお客様、8月のお休みに東京へ行かれるお客様、
なかなか実際に商品を見る機会がないかと思いますので、
この機会にぜひお手に取ってご覧ください。

東京都港区赤坂9-7-3
東京ミッドタウン ガレリア3F

THE COVER NIPPON
http://www.thecovernippon.jp/

QUILT(キルト)デリ・バッグの仕様変更

DDWのロングセラーモデル、QUILT(キルト)デリ・バッグを仕様変更しました。

ショルダーベルトを従来のキナリ・カラーから茶色に変更し、ショルダーベルト素材もふくらみ感のあるクオリティーの高いものに変更いたしました。

今まではどちらかというと春夏イメージが強かったのですが、より高級感を持ち、年間を通してコーディネートしやすくなりました。

その他、使用しているレザー(皮革)もこれまでより更にランク上の、時間をかけてタンニンなめしをしたヌメ革に変更しております。

DDW Nylon展、やってます。

24日(月)からDDW Nylon展を開催中です。


普段と違った環境で商品を見ることは、自分達にとっても新たな発見があります。


30(日)まで開催中。
DDWショップの入っている上之町會舘2Fホールです。

8月のプレゼント企画

今回のプレゼント企画は定番ダッフルバッグのサイズ違いです。
といっても若干仕様も変更しています。
定番ではDDWらしく白の配色レザーで仕上げてますが、今回のプレゼントは茶のレザーを使っています。

実店舗ではダッフルだけでなくディンギートートなども茶配色の商品を置いており、定番にするか検討中でしたので、まだネットショップでは扱っていませんでしたが、今回のプレゼント企画が終わったら、ネットショップでも扱っていく予定です。
まだプレゼント企画に応募されてない方はぜひどうぞ!