さあ、どうしたものか。


一年の始まりって、今年はあれをしよう、これをしようって考えがち。
で、あっというまに2月。

新商品の企画、新素材の手配、
要望の多かった女性用カメラバッグのバリエーション・・・

同時に処理するのは無理そうと、まず一つずつこなそうと思っていたところ、
日々、更に新たな仕事が増えています。

さあ、どうしたものか。

今年はデザインに浸かってみよう。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
ひさしぶりのブログですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

ちなみに、お正月のおみくじは今年も凶でした。

・・・もう慣れました。すぐ他の場所で、ひきなおして大吉を出しておき
ました。このあきらめの悪さが自分の長所だと思ってます。

ところで年末年始って、昨年一年の反省や、新しくはじまる今年の
目標など、いろいろと考えてしまいますよね。そこで新年は、もっとい
ろんなものに実際に触れる機会を増やそうと思っています。

最近はネットで検索すると、なんでもでてくるので、実際に肌から感じ
る物から遠ざかっていたような気もします。それってネットのせいだけ
じゃなくって、例えば服でもアクセサリーでも、定番商品はやっぱり良く
って、ぱっと見デザインのおもしろい商品は、すぐあきるからと、ちゃんと
見ることもしなくなってました。

でもそれってなんかデザインを楽しんでないんですよね。そのデザイン
を使ってる自分を他人に見られたら、どう思われるんだろう・・・
みたいな感情ばかり先行しちゃってて。

そこで今年は、頭をやわらかくして余計なフィルターははずし、もっと
素直にデザインを楽しみめる一年にしたいと思います。

そういえば昨年末に発売した、カメラバッグ。女性用のカメラバッグとい
うのは、やっぱり探している人が多かったようで、その後もカメラバッグに
ついての問い合わせを多数いただいています。

ええ、もちろん色々と考えてますよ。

それでは、今年のやわらか頭で企画するデザインをお楽しみに。
(と、自分にプレッシャーをかけてみました。)

超整理術

よく行く本屋で、『佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)』を見つけた。
仕事用ファイルなどの整理方法は常々気になっているので、“整理”という文字を見つけると、敏感に反応してしまいます。

といっても今まで見た本は似たような内容が多く、結局のところ一番の方法は、自分の性格を変える事のほうが手っ取り早そうです。ただこの本については、実際読んでみてタイトル通りの整理術としてみると少々違うかもしれません。

内容はどちらかというと佐藤可士和さんなりの仕事の組み立て方や、プロジェクト、デザインの過程に必要な頭の整理法を書いている気がします。

前回書いたデザインの資料と同じく、思考方法や仕事法についても、特に第一線で活躍する佐藤可士和さんのようなクリエーターの考え方などは、普段の自分と違った方法を知ることで、新しい頭の使い方を知ることができ、特に煮詰まったときの頭の切り換えには有効です。(笑)