がんばれ100円マック


先日こんな記事がありました。

日本マクドナルドホールディングスは17日、2005年6月中間決算の業績予想を大幅に下方修正した。

『少子高齢化の進展をにらんで、4月中旬から集客力を高めるため、3年ぶりに打ち出した低価格戦略が裏目に出た。05年6月中間決算の経常利益は、2月の予想より95・6%減の1億円、税引き後利益は87・2%減の2億円にとどまる見通し。05年12月期の経常利益は2月予想比33・9%減の61億円、税引き後利益は同31・4%減の35億円まで回復するが、ともに2年ぶりの減益となる見込みだ。』

もっと売れてると思いました、だってすごく行きやすくなりましたからね。
一ユーザーとしては、やっぱりファーストフードの利点って、安くて早いことだと思ってます。レストランまではちょっと・・と言うときも、友達や家族と気軽に入れるとこ。

特に最近の低価格だとコンビニ並みにちょっと寄ってみようかなんて気になります。単価を上げていかないと儲からない時代なのかもしれないけど。

『記者会見した原田泳幸会長兼社長は、「来店客数を伸ばして収益を拡大する戦略は間違っていない」と強調した。今後は新メニュー投入などを通じて客単価向上を図る。』
社長! 私もそう思います。 がんばれマクドナルド。
追伸
マクドナルド社長様、最近お店の高齢化進みすぎてません?

“がんばれ100円マック” への1件の返信

  1. マクドナルド再び低価格路線へ

    マクドナルドは集客力を高めるために3年ぶりに低価格路に走ったことが業績予想を大幅下方修正という形で裏目に出たようです。確か2000年頃にマクドナルドが打ち出した低価格戦略はデフレの波に乗って成功しましたが2003年には業績が悪化し再び高級路線を目指す方針を打ち出してい�

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です